森川くみこです。

恐らくこの記事を読んでいるあなたは、何かしらのビジネスをしていて、自分自身が取り組んでいる仕事やビジネスの評判や評価が「どうなんだろうから」と気になっているかもしれません(^^;

例えば、あなたがメルカリやAmazonで何かしらの商品を購入するときに、セラーの評価やレビューって気になると思うんです。

そして、特に女性はその評価や評判、レビューをチェックして商品購入をしやすいと言われています。

案の定、私もネット上で商品を購入する際は、どうしてもショップの評価や評判が気になる一人です(笑)

特に、高額系の商品の場合、購入までに数日悩むことがありまっすw

また、一方で、あなたが仮に販売者側の人間だとして、こちらも自分の評価や評判ってもの凄い気になると思います。

特に自分が出版した書籍なんてかなり気にすると思うし、影響力も変わってくるでしょう。

ついエゴサ―チをしてしまうのではないでしょうか?笑

森川くみこ
森川くみこ
そこで今回は、販売者側の立場になって、仕事・ビジネスなんでも・・・自分の評判や評価を下げないでアップさせる方法を森川くみこがお伝えしていきます。
特典の受け取りは、LINEなので お忘れなくご登録ください!

森川くみこが真剣に考える!あなたの仕事やビジネスで評価を下げられるデメリット

1、イメージや印象が悪くなる

芸能人のスキャンダルネタやフライデーを見るとあなたもこのように思うでしょう。

いままで好きなタレントさんや芸能人が、法律違反や不倫報道をされて、イメージダウンしてしまう「アレ」です。

ここでは固有名詞や実名は言えないですが、テレビで芸能人の評価含む評判が下がるような報道が流れると・・・

あなたも当然がっかりすると思うんです。

イメージダウンは、今後のあなたの仕事やビジネスに大きく影響が出るので非常に注意です。

2、売上や利益が突然下がる。収入DOWN

あなの身近な仕事やビジネスに限らず、わかりやすい例で、芸能人やタレントさんがマスコミ等にスキャンダルされると、イメージ&信用ダウンにつながるだけでなく、TV出本数やCM出演数が突如として激減すると思います。

あれ、あの芸能人最近テレビで見ないな?という方いませんか?(笑)

テレビにやCMから突然消えるということは、収入も下がっているはずです。

これこそビジネスの評判や評価が下がると生じる一番のデメリット部分ではないでしょうか。

3、築いた信用を取り戻すことは非常に難しい

あなたが、ビジネスをする上で、信用は、非常に重要です。

これは、警察官、教師、コンサルタント、個人起業家、全部そうだと思います。

お金を稼ぐ力があったとしても、一度失った信用を取り戻すことは非常に難しく、ずっと悪いレッテルを貼られるのがオチでしょう。

ただ、悪いことをすれば謝るのが基本ですので、謝罪すればもしかしたら、信用を回復される方もいるでしょうが、「謝ればよい」という問題でもなく、なかなか時間がかかるものです。

ですので、もしあなたがしているビジネスや会社の評価・評判が気になるようであれば、築き始めた信用を失わないようにくれぐれもお気を付けくださいm(__)m

森川くみこが斬る!ビジネスの評判や評価を飛躍的にアップさせる4つのポイント

1、お客様のレスを面倒くさがらずに1.5倍~2倍返し!さらには、3倍返しも。

ネットビジネスや〇○スクールを運営していると、「あるある」なのですが、お客様が質問してもレスがない「放置プレイ」が1つのわかりやすい例としてあります。

どういう意図であれ、お客様に返信をしないというのは、大企業でもやっていないことですよね?

大企業には、コールセンターや窓口が必ずあって、質問をすれば、殆どレスが何かしらのかたちであるはずです。

しかし、身近な詐欺まがいで評判を下げるビジネスをしている人ほど、レスをしない「放置プレイ塾」が多いです。

私はこれを散々セミナーでもお伝えしてきました♪

いったい、この風潮は、なんなのか?

私にはわからないのですが、サービスを提供する人間として非常に不誠実だと個人的に考えています。

ですので、お客様から質問があった場合は、必ずレスをするのは当然ですし、1.5~3倍で返すことも時に必要です。

お客様は常に講師やコンサルタントを試す生き物でもあるので、信頼関係が構築されるまで必ず誠意を見せるべきでしょう。

2、特にLINEではレスをするべきです

そもそもLINEは、Man to Manビジネスを推奨しています。

つまり1対1のコミュニケーションを促進する現代のチャットツールというワケです。

そのLINEでレスをしない放置プレイ講師やコンサルタントは、恐らくまだダイレクトレスポンスマーケティング(以下、DRM)の名残がある方だと思っています。

かつてのダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)は、一見レスをすることが基本に見えて、レスをしなくても特に印象が悪くなかったと思います。

しかし、今はチャット文化になって変わりつつあります。

LINEのレスを大事にする人ほど、確かにそれを一つずつこなすのは大変かもしれませんが、

  • チャット機能で未読・既読表示
  • スクショ機能

この2つがある以上、ビジネスの評価や評判をさげられる機会が存在します。

ですので、LINEを使う講師ほど無視をしたり、言葉遣いには十分に気を付けるべきです。

3、お客様の結果が出るまでサポートをする

もしあなたがビジネスの評判や評価をアップさせたいのであれば、当然かもしれませんが、お客様の結果が出るまでサポートをするべきです。

がしかし、これができないコーチやセミナー講師、コンサルタントも多いのも事実。

また、顧客と販売時に約束をしたのであれば、必ず結果が出るまで面倒を見るべきです。

「面倒を見るべきです」とお伝えしましたが、顧客のサポートは面倒であることが前提です。

だって面倒を見るわけですから(笑)

お金を貰う以上、親と子の立場になったつもりで全身全霊サービスをしていかないと、いつか評価(評判)を下げられてしまうことでしょう。

噂と言うのは怖いもので、風評はどんどん拡散されていきます。

今のネットが普及した今だからこそ注意が必要です。お客様のサポートはしっかりするべきです。

4、感動を与え感謝されるくらい中身のコンテンツをしっかり作り込む

ネットビジネス業界あるあるですが、評判・評価の低い販売者ほど、中身と価格が伴っていないコンテンツや商品を販売しているケースが非常に多いです。

その販売者は、売ること自体非常に得意なのでしょうが、サポートは面倒臭いのでしょう。

しかし、これでは、あなたの評判や評価は一向にあがりませんし、むしろ下がってしまい10年後どうなっているかわかりません(^^;

ですので、もしあなたが詐欺と言われたくなくて、ビジネスや仕事の評判と評価を下げたくないのであれば、まず最初にコンテンツから作るべきです。

そして、そのコンテンツでどれだけの人が成果が出るのか?検証もした方がよいででしょう。

すると、どうでしょう。お客様から感謝されて、しまいには感動されるまでになるのです!

繰り返します。一度失った信用は取り戻すのに時間がかかります

ここで、念押しでビジネスの評価(評判)を下げたくないあなたに最後にアドバイスをしますが、一度築いた信用を取り戻すのは、カバーしきれないことがあるので、一個一個着実に信用を築いていくべきです。

そのためには、全体を見るのでなく、あえてひとりひとりを大事にしていくこと。

マーケティングといえど、Man to Manが基本でしょう。

1対1から1対10、20、30、100と発展していくことだってあります。

ですので、会社ビジネスの評判を落としたくなければ、まず目の前の一人を大事にして欲しいと森川くみことは思うワケです。

逆に面倒だなと思うお客様は、サービスを購入させないでフィルターをかける仕組みをつくってもよいはず。

業界によっても体質が違いますが、10年20年生き残るビジネスは、そういう1対1の基本をしっかりしていると思うので、ぜひ知っておいて欲しいと思います。

まとめ

今回は、あなたがビジネスや仕事をする上で、自分自身の評判や評価を下げない方法についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?

販売者を否定し詐欺だ!と言うあなたも自身もいつか販売者側にまわらなくてはお金を稼ぐことはできません。

仲介業という仕事でも同じです。仲介業は、とくに親会社の信用も背負っているので、なおさら信用が大事になってきます。

どんな商品であれば、販売する機会があれば、必ず今回お伝えした「ビジネスの評判や評価を下げない大切な4つのこと」を忘れずに覚えてもらえれば幸いです(^^)b

森川くみこ
森川くみこ
ビジネスの基本は、コンテンツや商品ですが、その商品を広げるために、お客様の声やレビューはとても重要です。私もメルカリを中心にネット上で物販をしているので、評価の重みはとてもよくわかっています。間違ってもサクラレビューなどそういったこともしないように信用構築を一歩一歩進めてみてくださいね♪

あなたのビジネスを"スパッ"とプロデュース!