森川くみこです。

もしあなたが今の仕事を辞めたい・・・そう思っているなら・・・

日曜夕方のサザエさんが終わると…

「途端に憂鬱になる」

いわゆるサザエさんシンドロームという言葉をあなたは、耳にしたことがありませんか?

サービス業や店舗などは勤務形態の違いはありますが、休日の終わりに虚しいものを感じることは同じかもしれません(笑)

色々な意味で仕事をストップしたい・・・

大体の人が、重い足を引きずりながら仕事に行ってるなあと思います(^^;

で、そのストレスが高まると、ある日、ブツッと忍耐の糸が切れて、「こんな仕事くそくらい!もう限界!辞めたいっ!うきゃーーーと決意してしまうものなのかもしれません(苦)

反対に、私の知っている限りで、そんな仕事を辞めたい気持ちを全く持たずに楽しく仕事に通っている人もいますが…。

一応、サザエさんシンドロームという言葉もあるくらいですが、今回はそんな仕事が憂鬱で正直辞めたいかも・・・「できることなら辞めたいっ」というあなたへ効果的なアドバイスをさせていただきます♪

森川くみこ
森川くみこ
もしあなたが仕方なく働いているのであれば、今現在の仕事を辞めたいと思うのは、ごく自然なこと。まずは、それを受け入れてから仕事を辞めたい明確な理由をまず探ってみたいと思います。
特典の受け取りは、LINEなので
お忘れなくご登録ください!

調査!仕事を辞めたい定番の理由。。。あなたも以下にあてはまっていませんか?

1、労働に対価が見合っていない。給料が安い。

ニーズが高く感謝されるような仕事でも、ハードな労働のわりにお給料が安く、それが、仕事を辞めたい理由の一つになっているかもしれません。

全てのお仕事がそうだとは思いませんが、保育士さん介護士さんの方などから、そういった話は時々耳にします(^^;

でもこのような仕事は、子供と関わることが幸せだったり、喜んでもらえることが嬉しいという動機で仕事についている人が多いですよね。

特に仕事を辞めずに長く続けている人は、お金を稼ぐことよりやりがいや使命感がモチベーションになっているんだと思います。

まあ、これは他の仕事にも言えることですけど…。

もし就職の動機が「何となく」「イメージで…」とかだと、けっこうな確率で辞めてしまう人もいると思うので、仕事に就く前にやりがいに加えて、お給料の具合や程度を調べておくようにしましょうね♪

2、サービス残業が多い。拘束時間が長い。

あなたが仕事を辞めたい2つ目の理由として、拘束時間(残業時間)という話も非常に聞きます。

周りが文句も言わずに働いてるし、会社の空気が既に「サービス残業当たり前、定時に帰るなんて非常識」みたいな雰囲気になってると帰りたくても帰れないですからね。

「働き方改革」なんてあまり関係なかったし!!なんて感じている人も多いのではないでしょうか。

もしかしたら重責のある業務や社風に流されて、「働き方」について考える元気すらなくなっていることもありえます(^^;

「じゃぁ、転職しようかな」ってなった時。

しょっちゅう求人の募集をかけている会社は、勤務時間の長さで仕事を辞めている人も非常に多く、転職も容易にできないですよね。

ブラック企業の拘束時間(残業時間)が長いというのうは大きな問題です!

3、有給が取りにくい。

法律では有給取得を奨励会社の義務化にしようという動きがありますが、企業的には困る所も多いんですよね。

まとまった休暇を2日間取るのすら難しい人もいます・・・

全然ハッピーホリデー感無いって人も多いのでは・・・苦(^^;

休みが十分にないことは、仕事を辞めたいと思う理由になっても仕方ありません、、、

あるサービス業の会社に勤めている知人から聞いた話ですけど「法律で有給を取ることになっても、うちの会社はその分どこかで絶対今までの休みを削るはず」と言っていました。

社員からそんなふうに思われてる会社ってどうなのよ~!って感じだけど、有給取得を法案化する内容の記事のコメント欄でも実際よく目にする意見です。

プライベートを大事にする人にとって、”仕事を辞めれば自由になれる”という勘違いも起きて来そうです(^^;

4、仕事の業務自体がつまらない、合わない。

よくスクール生と飲んだり食事をすると、「仕事が自分に合っていなくて・・・」「正直楽しくないし辞めたい」なんて声を聞くことが高い確率であります(^^;

仕事が自分にあっていない。。。短期ならともかく…。

退屈な仕事を年単位でやらなきゃならないとしたら地獄ですよね~。

毎日、時計を見てあと何分で退社時間…と待ちくたびれたり。

あと、逆に内向的な性格の人が営業回り、飛び込みばかりさせられるとか、電話かけまくるなども「何の修行だよ!?」って気分になるんじゃないでしょうか?(>_<)

思い切って仕事を辞めて適正な職に就くのも大事だと思います!本当に。

5、キライ、合わない、苦手な人がいる。

いろいろ書いてきましたけど、ここまで4つ仕事を辞めたい理由がありましたね。

でも、次は、ワースト1位の理由になると思います・・・(^^;

十中八九。職場の人とのやり取りが良好だったら、さすがに「今すぐしごとを辞めてやりたい。ちきしょう!」という気持ちにはならないものだと思います。

でも、毎日パワハラされ続けてるとか、顔見れば文句を言ってくる上司が鬱陶しいとか暴力やパワハラ沙汰が起きる会社とかだったら…。

逆にどれだけ仕事内容が良くても、定時でも有給が取れても、福利厚生がしっかりしてても…。

明日にも理由をつけて辞表を叩きつけたくなりますよね(涙)

そこまでひどくなかったとしても、今の仕事に対してキライ、合わない、苦手な人がいるとしたら、本来は楽しい仕事だったとしても少しずつエネルギーが削がれていくような感じにはなると思います。

気づいたらあなた自身が病気になっている・・そんなこともあったりするのかなぁと思います。

いくら給料がよいとはいえ、仕事を辞めたい一番の理由は、〇〇だと思います。

〇〇の中には、人間関係という文字が入ります。

人間関係がよくなって仕事が楽しいと思えれば、仕事を辞めたいとは思わない人が多いという事実。

例えば学生時代だって、勉強や部活で大変なことがあっても、友達との関係があったから頑張れた部分って大きいですよね?

森川くみこ
森川くみこ
だからこそ、職場でも人間関係の良さは重要!と考える人も多いと思います。確かに重要です・・・が、しかしですよ。

とはいえ、仕事で重要なのは人間関係ではないですよね?

仕事で一番重要なことって何でしょう?

人間関係だと思う人も多いですよね。

けど、仕事は仲良しクラブではないですし、仕事は本来、利益を出すことが目的なんです。

どれだけ社員が仲良しでも、会社が潰れてしまったら存在自体がなくなってしまいますし、仕事を辞めたい理由が、人間関係って言うのは、少し自分よがりなのかな?と思ったりもします。

自営業で、和気あいあいやってても、お客さんが来なくてお店が倒産したら続けられませんよね。

逆に人間関係がそんなに良くなくても、仕事が回っていればOKなのです。(まあ、人間関係が悪いというのは業績も悪化しやすいですが、出社しない会社でも業績を伸ばすことはできます)

世の中いろんな考えの人がいるので、みんな同じように仲良くっていうのは難しいもの。

でも、価値観や考え方はひとそれぞれで自然なことだから、頑張って仲良くなる必要はないんですね~。

最低限の挨拶と連絡事項、意思疎通だけできれば、あとは苦手、キライな人はそのままでも構わないものなんです。

本来は。ですけど。

しかし、どうしても、人間関係に耐えられない・・・。そんな時はどうするべきか?私からのアドバイス。

そうはいっても、報告連絡相談もできずに、悪化した人間関係となれば、利益が云々言ってる場合ではないでしょう。

なんとしてでも、あなたは仕事を辞めたいと思うだろうし、自分の身を守るはず。

ただ、あなたが、大人の対応をしても、会社や上司が曲者で、中々仕事を辞めにくかったり、言い出せなかったりするのではないでしょうか。

森川くみこ
森川くみこ
そんな仕事ならさっさと辞めてしまいたいと考えるのも普通ですが…。何らかの事情で今すぐ辞められない場合の対処法を考えてみました。

1、発想の転換!仕事以外に良好な関係が築ける場を作ったり、自分の仲良くできそうなコミュニティを見つける。

社会人になると、仕事の時間が異様に長いので職場が自分の人生のすべてみたいな感覚になってしまうこともあると思うんです。

常に仕事を辞めたいと思いながら仕事をしているなんて状態かと思いますw

長時間の拘束(残業)や休日の少ない会社で且つ人間関係が最悪なら猶更ですね(^^;

会社に在籍する時間が人生のすべてと思うとゾッとしますよね…。

そういう閉鎖的な環境を一工夫して変えるのも解決策の一つだと思います。

例えば、仕事の給料でできる好きなもの趣味を見つけて息抜きをするのはどうでしょうか。

もしあればインスタグラムとかブログなどで、それについて発信してみるのもいいと思います。

誰かから反応が返ってくると、世界には自分の仲間も多いんだと感じることができたりします(笑)

また、今はオンラインサロンとかやっている人も多いので、既に立ち上げられたコミュニティに入れば、気の合う人が見つかる確率も高いです。

少しでも生活を潤わせて、会社の人間関係だけがすべてではないっ!というのを実感してみるのもよいのではないでしょうか。

つまり、”仕事を辞めてしまうと、趣味や好きなこともできなくなるリズム”を作ってしまうのです。

仕事をする意義(理由)が見つかれば、あなたは仕事を自然と辞める必要がなくなったりします。

2、その人間関係に関しては表面的な対応のみをして、心の中では見限ってしまおう。

大人でも子供じみた人はいます。

パワハラとかをしてくる人は、年上とか先輩で偉そうに見えていても心に満たされないものを抱えていて、それをあなたにぶつけているだけなのです。

そんなヤツは仮に上司だったとしても、未熟な人として心の中で見限ってしまおうーー!って話。

世間では、「割り切り」と言ったりしますかね?

割り切りが下手な人ってどうしても悩みやすい傾向にあるので、竹を割ったようにさっぱりしていかないと、今の仕事なんて中々続かないですよね~(>_<)

どうでもいい余談ですが、”竹って綺麗に割れますよね?”そんなイメージで、見限っていくのです。

3、メンタル的にしんどくてきついときは、心理カウンセラーさんなどに相談する。

仕事を辞めたいけど辞められない真面目な人に多いのですが、1や2では解決しないくらいため込んでしまっている場合もあります。

そういう場合は、メンタル専門の心理カウンセラーさんなどに相談するのもいいかもしれません。

ただ、いろんな方がいるので、サイトでどんな人か?必ず評判などを確認してからの方がいいでしょう。

自分と合わない人だと余計凹むので、慎重に選んだ方がいいですね(^^;

相性のいいカウンセラーさんなら、真摯に悩みの相談に乗ってくれて、仕事の話などもきいてくれると思います。

するとどうでしょう。”仕事を今すぐ辞めたいっ!”と思っていたあなたも、一度相談したら”すっきり”したなんてこともあるはず。

有資格者のカウンセラーは、それくらいストレス軽減するのがプロフェッショナルなので、身内に相談するより即効性が高いですね♡

4、仕事を辞めたいと思うのであれば、もう辞めてしまえばいいじゃないか。

「仕事を辞めたければ、もう仕事を辞めてしまえばいい!!!!!」

これは最終案ですが、私は一番おススメめしています。

理由は私、森川くみこがそうだったから。

ただ、やみくもに誰にでもおススメできる選択肢ではないですが…、アテや勝算がないとリスクはありますよね。

何の貯えも次の仕事も決まっていないのに会社などを辞めてしまった場合けっこうなハードコースになるとは思います。

退職を考えているなら、できればそれより半年くらい前からその後の準備をしたほうが安心して今の仕事を辞められるのは間違いないです。

繰り返しますが、”仕事を辞めたいのであれば、マジで辞めればよい”と思います。



もし、あなたがそういわれて「いや、ちょっと。やっぱりやめておきます」となれば、あなたはそんな本気ではないでしょう。

仕事続ける理由があるはず。

今の仕事を辞める時にはそれなりの覚悟と準備が必要だと私は思います。

まとめ。結局あなたはどうすればよいの?

もしお給料が良くても、人間関係によってダメージを受ける仕事は、後に病気になったり心に何らかの症状が出るリスクも大きく、せっかく我慢して稼いだお金が出て行ってしまっては元も子もありません。

その仕事や人間関係を継続していることで自分の負担が大きいならば、辞めてみるのも一つの選択肢ではないでしょうか。

世の中には、他にも沢山の会社があるのですから、この機会にもっと良い仕事に就くチャンスなのかもしれませんね。

とはいえ、何にも考えずに今すぐ辞めてしまうのはちょっと待って!って思ってます。(パワハラや暴力など、ひどい状況の時は別ですよ)

実は、私も初めて働いた保険会社は3年で辞めました。

原因は人間関係だけじゃなかったんですけど、先輩とか見てても将来に希望が持てなくなっちゃったんです。

そして「今の仕事を辞めて起業してやる」なんて野心を抱いていたわけですね。私は本気でした。

で、いざ辞めたい仕事から離れてみると…

転職するわけでもなく釣りにハマっちゃったんですよ。ジャージで(笑)

「森川くみこニート時代」と言われているものです。

これはこれで楽しかったけど、失業保険も貯金もなくなる頃にはホント~に焦りました。

正直、残高5000円の預金通帳見た時は、仕事続けてたほうが良かったかもって思いました(^^;

でも、こういったピンチがチャンスとなり、起業してめちゃんこ働いて、起業してから約2年半で2億6000万円くらい稼ぐことに成功しています♪

今では、月の生活費30万円以上の生活を南麻布で送っています(^^;

どうでもいいですが、部屋を改造して、ヨーロッパのロココ調にしてやりました。笑

こんな私でも変われた”ビジネスって可能性を感じませんか?”

だって、結局今の仕事を辞めたいと思って退職をしても何かしらの仕事に就かないといけなくないですか?”

だったら、お金を少しでも稼ぐ選択肢は持つべきだと思っています。

実体験として、独立・起業なんていう選択肢もあるので、頭に入れておきましょう♪

森川くみこ
森川くみこ
確かに起業は難しいですが、会社だけに頼るのも今の時代は結構キケンです!ただ、今の時代はどんな人でもビジネスを持っておくことは絶対におススメします。気晴らしで副業から初めてみてもいいと思いますし。

あなたのビジネスを"スパッ"とプロデュース!