転売(せどり)副業でも始める人が多くなりました。

物販と言う人も増えてきました。

特に

  • メルカリ
  • ラクマ
  • ヤフオク

などのフリマアプリでは簡単に転売(せどり)ができますね。

老後のことが心配で、転売(せどり)を副業として始める人も多いと思います。

しかし、転売(せどり)で失敗してしまう場合もあります。

少し余裕がある生活をしたいがために始めた転売(せどり)なのに失敗してしまうと、生活に余裕ができるどころか逆に生活に支障をきたしてしまう場合もあります。

転売(せどり)は簡単そうに思えますが、普通の商売と同じです。

でも、本業の他に始めてみたい方にとって、転売(せどり)をやらないわけにはいきませんよね?

今回は転売(せどり)を始めてすぐ爆死しないように、転売(せどり)で失敗するパターンと対策方法を解説していきます。

森川くみこ
森川くみこ
まだ、転売を始めて失敗が無い人でも転売初心者の方は知らない失敗の事例もあると思いますので必見です。
特典の受け取りは、LINEなので
お忘れなくご登録ください!

転売(せどり)で失敗する7パターン

転売(せどり)で失敗しないために失敗するパターンを7つご紹介します。

失敗しないためにも失敗してしまうパターンを知ることで気をつけることができますので、しっかりと頭に入れておきましょう。

独占販売されてる商品を仕入れた

Amazonでは独占販売されている商品があります。

メーカーと独占販売を行っている転売屋のみが販売できます。

なので、メーカーと独占販売を行っていない場合は、出品自体ができず転売(せどり)ができません。

それでも独占販売できないのに出品をしたままにすると、法的措置を取られてしまう可能性があります。

独占販売されている商品はリサーチして、一見売れていて利益率も良いと思ってしまいます。

ですが、独占販売されている商品の事例もありますので、失敗しないためには注意してリサーチする必要があります。

色違いを仕入れて赤字になった

ベーシックな派手でない色は特に、

  • 黒や白が売れやすい
  • 価格が他の色と比べて高い

という場合があります。

転売(せどり)では、色違いの商品も仕入れることにより利益を拡大させる方法があります。

しかし、その方法で転売(せどり)した場合、裏目に出て失敗してしまう場合があります。

例えばリサーチの時点で、黒色で利益が出ているのに茶色で利益が出ていると勘違いして仕入れ転売(せどり)して失敗してしまう場合です。

  • 同じシリーズの商品
  • 色違いの商品

などの場合がありますから、失敗しないように注意して細かいところまでリサーチする必要があります。

知らずに出品申請しないといけない物を仕入れた

Amazonでは転売(せどり)する際に出品申請しなければ売れない商品があります。

転売(せどり)する際にカテゴリーごとに出品申請しなければいけないものがあり、その申請ができないと出品ができず販売もできません

  • 個人の安全に関わる製品および家庭用品
  • おもちゃ&ホビー商品に関するホリデーシーズン中の出品要件
  • ジュエリー
  • Made in Italy
  • ミュージック&DVD
  • オーガニック食品、オーガニック飼料、オーガニックペットフード
  • ビール、ワイン、蒸留酒
  • 本、ミュージック、ビデオ、DVD商品の出品
  • 時計

出品申請が必要なものかどうかあらかじめ調べてから仕入れ、出品ができなかったなど失敗しないように転売(せどり)をしましょう。

手数料などを計算に入れ忘れ赤字になった

ECサイトで転売(せどり)をするのに手数料が必要な場合があります。

出品した商品が売れた時にかかる

  • 手数料
  • 梱包費用

など意外にもかかる手数料が多くなる場合があります。

転売(せどり)の際にAmazonのFBAを利用するのであれば、

  • 在庫保管手数料
  • 月額利用料

などがかかったり、しっかり計算しておかないと赤字になり失敗してしまう場合があります。

そのため、どのような手数料があるのかあらかじめ自分で探しておきましょう。

また、転売(せどり)する商品にかかる梱包材料費なども、商品によって大きさや電子品であるかなど考え購入すると失敗を防ぐことができます。

価格競争に巻き込まれた

転売(せどり)をやるのであれば価格競争に巻き込まれ失敗してしまう場合があります。

転売(せどり)で価格競争に巻き込まれる場合は、ライバルの転売ヤーがいるということです。

転売(せどり)するライバルが、多ければ多いほど価格競争に巻き込まれ、多く商品を仕入れた場合、段々安くされて結果赤字になり失敗してしまう場合があります。

しっかりとその商品を仕入れる際に、

  • 転売(せどり)のライバルがいるか
  • 価格競争になった場合にどのように商品を売りきるのか

などを考えて失敗しないように転売(せどり)しましょう。

出品する時に価格設定を間違えた

転売(せどり)で価格設定を間違えると、場合によってはかなりの赤字になり失敗してしまいます。

例えば10万円の物を1万円で転売(せどり)してしまうと大失敗になります。

転売(せどり)で価格設定を間違え失敗するのは自分次第です。

販売するプラットホームで、転売(せどり)の価格設定をする際には、失敗しないように慎重に入力しましょう。

資金ショートした

転売(せどり)では、売れて利益を得るのでどうしても

  • 利益重視になる
  • 良い気分になる

など儲かったお金をすぐ使い失敗する方もいます。

転売(せどり)は普通のビジネスと同じです。

バランス良く利益を得て、どこにお金を使い転売(せどり)していくか考えなければ、すぐ資金ショートして失敗してしまいます。

失敗しないためには

  • 自分のお金なのか
  • 転売(せどり)に使うお金なのか

などをキチンと区別する必要があります。

また、転売(せどり)は自転車操業では全く利益を得られません

自転車操業は失敗では無いと思うかもしれませんが、ギリギリで資金を回すと支払いに間に合わない場合があり、転売が継続できなくなるリスクがあります。

理想は雪だるま式にお金を増やすことです。

森川くみこ
森川くみこ
いつまで経っても自転車操業であれば転売(せどり)をやる意味がなく、ただ売って楽しむ趣味となってしまいかねません。

転売(せどり)で失敗を防ぐには事前のチェックが必須

転売(せどり)で失敗を防ぐためにはチェックが必要です。

これを怠ると失敗ばかりになってしまいますので、慣れるまでしっかりとチェックしましょう。

面倒だと思うかもしれませんが、失敗をしないのであれば近道です。

ライバルチェックをする(販売元が1つの品は避ける)

転売(せどり)のライバルがいると、価格競争に巻き込まれて赤字になってしまうこともあります。

同じ商品を出品しているライバル数もしっかりと把握しておかないと、

  • ライバルが強くて自分の商品が売れない
  • 価格競争になり赤字になってしまう

などのリスクがあります。

また、先ほどお話ししたように、販売元が1つの品もリサーチの時点で気をつけて失敗を防ぎましょう。

転売(せどり)のライバルが1人だとラッキーだと思うかもしれませんが、独占販売だった場合、転売(せどり)ができず失敗してしまいます。

最悪、法的措置までトラブルが発展するケースもありますので、転売する前のリサーチ段階で危なそうなものは手を出さないようにしましょう。

品物で利益が出るか確認する(手数料の抜けもチェック)

転売(せどり)で商品を仕入れても利益が出なければ意味がありません

商品をたくさん売ることができればすごいと思い、失敗ではないと思いますが利益が出なければビジネスではありません

転売(せどり)では商品を仕入れる時点

  • どのくらい利益が出るのか
  • 梱包材や在庫保管料
  • ECサイトに出品する際の手数料、配送料

などを事前に考慮して計算し失敗を防ぎましょう。

  • 商品だけで利益が出ると思った
  • 配送料を考えていなかった

などミスがあると利益にひびきます

出品できるかどうかを仕入れ前にチェックする

転売(せどり)でせっかく利益が出そうで仕入れても、実際出品できなければ意味がなく失敗となります。

失敗しないためには、出品するサイトで出品できるかどうかも調べてから仕入れる必要があります。

大量に仕入れてから後から出品できない状態に何回も陥ると、お金がもったいないので注意しましょう。

価格が相場と大きく相違していないかを確認する

転売(せどり)では必ず仕入れる前に、利益がどれくらいになるのか手数料なども含め計算すると思いますが、相場に合わせた価格でなければ売れない場合もあります。

価格が大きく相場と違うと売れる商品でも売れないです。

遊戯王などプレミアやレアな商品であれば、売れて失敗しないかもしれませんが、基本は相場の価格に合わせて価格を設定する必要があります。

カードの締め日と支払日を頭に入れておく

クレジットカードには1ヶ月ごとの支払い締め日と支払日が決まっています。

クレジットカードの締め日を知らないと支払日までの日数が短くなってしまいます。

うまく転売(せどり)でキャッシュフローをよくするのであれば、月末締めの翌月月末払いのカードでは月初めに仕入れをすると、支払うまでの猶予が長くなります。

資金がなければ転売(せどり)はやっていけません

特に

  • 資金がない人
  • 転売(せどり)初心者の人

などはクレジットカードの締め日と支払日を頭に入れて資金面で失敗しないようにしましょう。

できれば、締め日の違う3回のカードを活用すると、支払い日を散らせるので、資金ショートを避けやすくなります。

森川くみこ
森川くみこ
また、中国や海外からの輸入品を転売(せどり)するのであれば、到着するまでの日数がかかる場合もありますのでクレジットカードの締め日と支払日が重要になります。

失敗しないための3ポイント

失敗を防ぐためのポイントを3つにまとめました。

一見失敗を防ぐポイントじゃ無いと思うかもしれませんが、疑心暗鬼にならず進んでやってみましょう。

仕入れの基準や根拠を持つ

なぜその商品を仕入れれば利益が出るのかを決めておかなければ、ただ仕入れて売るだけになります。

利益を出すのであれば、その商品を仕入れるにはどのように売るのかなぜ売れるのかをあらかじめ自分で基準を作っておくことで、赤字など失敗を防ぐことにつながります。

転売(せどり)と言われても、やっていることは商売ですので失敗は痛いです。

自己流でやらず仲間を持つ

自己流でも稼げる人はいますが、転売(せどり)において仲間がいた方がより稼げる場合もあり、継続して転売(せどり)を続けられます。

転売(せどり)する仲間と有益な情報を交換することで、

  • お互いに利益追求をする
  • 切磋琢磨する

などでより利益を出すことができます。

これが個人で自己流だと大失敗をしてしまい、資金がショートすることもあります。

失敗を防ぎ、今後の転売(せどり)のためにも仲間を持ちましょう。

トレンドだけを追わない

トレンドの商品の方が、人気があってすぐ売れて利益が取れると思われがちです。

しかし、トレンドというのは常に変わり失敗もしやすいです。

トレンドのモノだけを追うと、売れなくなった時に大変ですしライバルも多いです。

ライバルが多い

  • 価格競争に巻き込まれる
  • トレンドの勢いがおさまると赤字でも売り切れない

などもあり失敗となってしまいます。

森川くみこ
森川くみこ
トレンドの商品でなくても利益を得ることはできますので、継続して売れる商品も取り扱うようにして、トレンドだけに絞らない方が失敗を防ぐためにもおすすめです。

転売(せどり)で失敗した原因を必ず明らかにすること

転売(せどり)で失敗した原因を知っていることで、次回同じことを繰り返さなくなります。

転売(せどり)で失敗して、そのまま原因を知らずにやっていても良いのですが、原因がわかり失敗をなくせばもっと利益が取れる可能性もあります。

失敗を振り返るのを面倒くさがらず、原因を明らかにして成功を多くしていきましょう。

森川くみこ
森川くみこ
転売で何が失敗だったのかを知り、トライアンドエラーを繰り返すことで、成功していきますので、面倒だと思わず取り組んでくださいね。

転売(せどり)の失敗は誰もが通る道

転売(せどり)には失敗がつきものです。

慣れない最初のうちは特に失敗を重ねることが多いでしょう。

しかし、転売(せどり)に慣れていくうちに失敗も減ります

そのため、失敗しても恐れずトライアンドエラーをしていくと良いです。

成功者も最初から成功者ではありません。

失敗を経験しながら、諦めずチャレンジした結果成功しているのです。

まとめ

今では転売(せどり)するのにツールなどがありますが、ツールの金額も高かったり、初心者が最初から導入するのは資金面も考えると厳しいと思います。

失敗を恐れずコツを掴み、ツールに頼らずに転売(せどり)ができると失敗も怖くなくなります。

ツールばかりに頼ってしまうと、効率化を図るのなら良いのかもしれませんが、あまり頼りすぎるのも良くありません

さらに、自宅では集中できない場合は、転売(せどり)のリサーチをするのに、他の場所に移動して行うのも失敗を減らせるのでおすすめです。

森川くみこ
森川くみこ
せどりで成功するためには、リサーチをすると共に、事前に資金繰りや売り方を考えることも大切ですので、この記事を参考にして、失敗しないように売り抜けて行きましょう。

あなたのビジネスを"スパッ"とプロデュース!