• 「節約したいけれど、いつも途中で失敗する…」
  • 「節約を頑張りすぎて、ガマンばかりはイヤ!」
  • 「どうすれば節約できるんだろう…」

というように思っている人は多いでしょう。

やはり節約って大変ですよね。

しかし、お金に余裕がある人は「節約が”生活の基本”」になっています。

つまり節約するのが当たり前になっているわけですね。

これをマネして実践すれば、きちんと節約できるようになります。

この記事では、

  • 節約の考え方
  • 節約における生活の基本
  • 具体的な節約のやり方

などについて解説します。

この記事を読めば、いますぐ”節約における生活の基本”を実践できるはずです。

森川くみこ
森川くみこ
今回は、節約を生活の基本にする方法について学びましょう。
お知らせ

中古ハイブランドのシャネル、Dior等をオーダーメイド卸できるスクール「RICH」の詳細はこちら

mail-lp
特典の受け取りは、LINEなので
お忘れなくご登録ください!

節約は生活の基本!ケチとは全然違うもの

  • 「節約は、なんかケチくさくてイヤ」
  • 「節約は、自分が貧乏人だと認めているみたいでイヤ」

と感じている人も多いでしょう。

しかし、「生活の基本」として節約するのと、「ケチ」なのは、全く違うことです。

同時に、節約が生活の基本になっている=貧乏人ではありません

 

節約とケチの違いとは?

「節約」と「ケチ」で、何が違うのか考えてみましょう。

「節約」とは、「無駄をはぶく」ということです。

「ケチ」とは、本来お金をかけるべきところで、お金を出さないということ。

多くの人は、「節約=貧乏人が、仕方なくやること」と感じているでしょう。

しかし、「無駄をはぶく」というのは、お金持ちでも、普通の人でも、やった方が良い決まっています。

むしろお金持ちほど、節約が生活の基本となっていることも多いのです。

お金持ちほど、ブランド品や外食を避けて、”キレイにお金を使う”もの。

一方、お金がない人ほど、大量に服を買ったり、やたら外食したりします。

 

支出は3つに分類される(消費・投資・浪費)

実は支出には、3つの種類があります。

そして、この3つのバランス(割合)を健全に保つのが重要です。

  • 生きるために必要な「消費」(家賃・光熱費など)
  • よりよい生活を送るための「投資」(書籍、教材など)
  • ぜいたくするための「浪費」(お酒、度を超えた買い物)

今の買い物が消費・投資・浪費どれに該当するのか」を知るのは、節約を生活の基本にするうえで、とても大切なことです。

これは、ファイナンシャルプランナーの横山光昭先生が詳しく解説したことで有名になりました。

横山先生いわく、3つの支出の割合は、以下が理想的とのこと。

理想のバランス

というように、70%-5%-25%を目指すべきだそうです。

ただ、大体の人は、

平均的なバランス

というように真っ赤っかなバランスになっているはず…というか私も昔はこんな感じでした(投資は0%だったかも…)。

これだと、節約が生活の基本になっているとは言えません。

横山先生の言っていることすべてが正解なわけでは無いですが、少しでも健全なグラフへ近づけていきましょう。

 

浪費を減らすと節約になる

上記のグラフを見て、一つわかることがあります。

とにかく浪費を減らせば、節約になるということです。

節約を生活の基本にするとはいえ、消費(生きるために必要な支出)は減らしづらいし、あまり派手に減らすべきでもありません。

しかし浪費であれば、いくらでもおさえる余地があるはずです。

たとえば、

  • 無駄な飲み会
  • ランチやディナー
  • ブランドものの洋服

などに、お金を使いすぎていないでしょうか?

「いっさい浪費するな!」とまでは言いませんが、浪費が中心になっていると、やはりお金はかかります。

節約を生活の基本にするなら、少しずつ浪費を減らしていきましょう。

こうすれば、日を追うごとにつれて「あれ? なんか余裕あるな」と感じれるようになるはずです。

森川くみこ
森川くみこ
節約生活で貯金ができる人は、とにかく「浪費を減らす」のが上手です。

節約を生活の基本に!まずは3つの見直しから

節約を生活の基本にするなら、以下3つをしっかりと見直すことが重要です。

  • 食費(一番大事!)
  • 公共料金
  • 固定費

それぞれについて、詳しく解説します。

 

食費を見直す

もっとも節約しやすい部分といえば、やはり食費ではないでしょうか?

食費をおさえれば、スムーズに節約を生活の基本へと切り替えられます。

食費については、まず外食の内容を見つめ直しましょう

毎日・毎週のように食べ歩いていたら、節約を生活の基本にするのは難しいです。

まずは外食の回数やそのグレードを、少し減らすようにしましょう。

 

公共料金を見直す

節約を生活の基本にするなら、やはり公共料金は見直したいところです。

公共料金とは、

  • 水道代
  • ガス代
  • 電気代

などのことですね。

公共料金は、一人暮らしの人であれば10,661円ほどかかります(総務省調べ)。

結構イタイ出費ですね。

これを(無理のない範囲で)いくら抑えられるかが、一つのポイントとなります。

たとえば、

  • 冷蔵庫にモノを詰めすぎない
  • エアコンの温度は夏28度・冬21度でおさえる
  • 服を脱いだり着たりして温度調節する
  • 使っていない場所の電気はつけない
  • 水は出しっぱなしにしないetc…

といった工夫が、やっぱり重要なのです。

 

固定費を見直す

節約を生活の基本にするなら、固定費も見直しましょう。

固定費とは、一言でいえば「毎月かならずかかるお金」のこと。

家賃なども固定費に入りますが、ここはなかなか変えられません。

よって、

  • 携帯電話料金
  • インターネット通信料
  • 保険料
  • サブスクリプション利用料金

などを見直すようにしましょう。

もっともお手軽で一番効果的なのは、やはり携帯電話。

節約が生活の基本になっている人は、大体格安SIMにしています。

MMD研究所の調査によると、3大キャリア以外の人は4,000円前後で利用しているようす。

格安SIM

(引用:MMD研究所

森川くみこ
森川くみこ
MVNOは、格安SIMと同じだと考えてOKです。

無理なく節約する生活の基本ポイントは食費のロスをなくすこと

節約を生活の基本にするなら、「食費でのロス」をなくすように意識してみましょう。

先ほども触れたとおり、食費はもっともお金がかかりやすいポイント。

しかし、逆にいうと「もっとも節約しやすい部分」でもあります。

特に下記のような点は、ぜひ今日から心がけてみましょう。

 

コンビニでの買い物

節約が生活の基本になっている人は、とにかくコンビニを使いません。

だから、コンビニ食はできるだけ買わないようにしましょう。

コンビニ食は、基本的に高いです。

たとえばおにぎりなら、1個110円くらいで買いたいですよね。

しかしコンビニのおにぎりは、ベーシックなもので150円くらいすることもあります。

おにぎり

(引用:セブンイレブン

まあ、50円くらいの違いなのですが、これが積み重なると年間ナン万円も損してしまうわけです。

節約を生活の基本にするなら、できるだけコンビニは使わないようにしましょう。

 

昼食はお弁当持参

節約を生活の基本にしている人は、お昼にお弁当を用意しています。

トレンダーズの調査によれば、20歳〜35歳OLのうち21%が、毎日お弁当を作っているとのことです。

お弁当代

(引用:ITmedia

こういった人たちは、「節約を生活の基本にしている」といえるでしょう。

とはいえ、いきなり毎日お弁当を作るのは大変です。

まずは週に1〜2回くらいから、チャレンジしてみるのがよいかもしれません。

 

飲み物も持ち歩く

飲み物についても、持ち歩くようにしましょう。

こういったところに気を配るのも、節約を生活の基本にするうえで大切です。

ペットボトルのお茶を買うと1本160円ですが、家で沸かして水筒に入れれば、一回あたり10円もかかりません

1日1本買うとすれば、毎日150円ずつ差がついていきます。

ちなみにDIMEによれば、以下のような飲み物をマイボトルに入れて楽しんでいる様子です。

マイボトル

(引用:DIME

 

冷蔵庫内を把握

節約が生活の基本になっている人は、冷蔵庫の中に何が入っているか知っています。

これを見習って、何がストックされているか、しっかりと把握しましょう。

把握する意識がないと、「何がストックされていたか」を忘れがち。

それが半額食品だったりすると、すぐに傷んで結局食べなかったりします。

外にいるとき、「あ、冷蔵庫には○○があるな」と思い出せるようにしましょう。

 

買い物はあまり行かない

買い物は、あまり行かないようにしましょう。

なぜなら買い物に行かなければ、お金を使う回数も減らせるからです。

例えばなんとなくデパートに行って、洋服を衝動買いしたことはないでしょうか?

お金を持った状態でフラフラ歩いていると、欲しいものが目に入ったとき大変です。

できるだけ買い物には行かないようにするのが、節約における生活の基本です。

もちろん食材や生活必需品を買いに行くのは別なので、安心してください(これもAmazon定期便などを使った方が安い気もしますが)。

 

食品を使い切る

節約における生活の基本では、「食品を使い切る」のもポイントです。

食費の節約を心がけていくと、やはり外食から自炊メインへ切り替わっていきます。

しかしこの時にありがちなのが、「冷蔵庫の中で食品を腐らせる」というパターン。

せっかく買ったのに食品を腐らせていたら、外食と同じくらいコスパが悪くなります

買った食材は、なんとかして使い切るようにしましょう。

森川くみこ
森川くみこ

普段から節約するためにできる生活の基本

というように、食費をおさえるのは、節約における生活の基本です。

とりあえず食費さえなんとかできれば、大体の人は生活に余裕が生まれるでしょう。

さらに、以下のような点も意識しておけば、さらに貯金しやすく、生活にもゆとりが生まれやすくなります。

  • お財布に入れる金額を決める
  • クレジットカードは1枚だけ持ち歩く
  • 決済アプリにチャージする金額も決めておく

それぞれ詳しく解説します。

 

お財布に入れる金額を決める

節約を生活の基本にするなら、お財布に入れる金額の上限は決めておきましょう。

上限を決めておけば、勢い余ってお金を使いすぎることはありません

とはいえ、トラブルに対応できるようにキャッシュカードは入れておきましょう。

そのキャッシュカードの残高にも上限を決めておけばカンペキです。

 

クレジットカードは1枚だけ持ち歩く

節約を生活の基本にするなら、持ち歩くクレジットカードは1枚だけにしましょう。

クレジットカードを1枚だけにしておけば、ポイントがバラつかず貯められます

さらに、余計な会費などもかかりません

クレジットカードは1枚だけにして、節約を生活の基本に置き換えていきましょう。

 

決済アプリにチャージする金額も決めておく

決済アプリを使うなら、チャージする金額の上限は決めておきましょう。

これも節約における生活の基本です。

なぜならチャージする金額の上限を決めておけば、浪費を防げるから。

たとえば1回あたり5,000円と決めておけば、計画的に使うようになります。

また、5,000円以上のものを購入するケースも避けられるでしょう。

無計画に大金をチャージしていると、あっという間に使ってしまいます。

森川くみこ
森川くみこ
節約を生活の基本にするなら、決済アプリの使い方もしっかり考えましょう。

節約を継続するためには

「節約を生活の基本にしたいけれど、すぐに挫折しちゃう…」と感じてしまう人もいるでしょう。

節約を長続きさせるためには、

  • 無理のない節約を続ける
  • 収入と支出のバランスを計算したうえで目標を立てる
  • 目標を達成できなくても落ち込まない
  • 月に一回か二回はぜいたくする

というのが重要です。

もっとも大切なのは、「無理しないこと」。

たとえば「今月は食費10,000円にする!」とか、無理な計画を立てても、結局は長続きしません。

そうではなくて、今の支出を観察して、「これならずっと続いても大丈夫」というスタイルを見つけましょう。

つまり、「毎日できる節約」が大切だというわけです。

これならむしろ楽しみながら、節約を生活の基本にすることが可能です。

節約が趣味の人もいますが、こういった人たちは楽しくやっていますよ。

まとめ

この記事では、節約生活のコツについて解説しました。

一言でまとめると、「とにかく浪費を避けて貯金しましょう!」ということですね。

今回のことを実施していけば、節約が生活の基本と変わっていくはずです。

生活にも余裕が出てくるし、貯金だって少しずつはできるようになります。

節約が生活の基本になってきたら、できるだけ投資にも興味を持ってみましょう

といっても、「FXや株をやろう」というわけではありません。

  • 投資信託
  • つみたてNISA

など、簡単な(危険ではない)ものでOK。

また、書籍やセミナー、教材といった「自分の未来にお金をかける」のも立派な自己”投資”です。

ぜひとも節約を生活の基本として、有意義なお金の使い方を習慣づけましょう。

森川くみこ
森川くみこ
一気にお金が貯まる、すごい節約方法というのはありません。マイペースにコツコツやっていきましょう。

 

お知らせ

中古ハイブランドのシャネル、Dior等をオーダーメイド卸できるスクール「RICH」の詳細はこちら

あなたの物販ビジネスを"スパッ"とプロデュース!

aad